痛みがない理想の体をつくるピラティス整体

ボディメイク大学【YouTube】

【愛媛松山市・ピラティス整体】【スネの傾き・捻じれ解消テクニック】「腓骨筋トレーニング」は2ステップの順序で鍛える!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛県松山市でカラダの専門家として活動。国家資格として理学療法士免許を保有し、ピラティスインストラクターとして運動指導の資格も保有。 痛みの改善・姿勢矯正・ボディメイクを中心としたピラティス&整体サロン(PHYSIO松山)を行っている。慢性痛(痛み)・関節痛・ボディメイク・スポーツ障害・姿勢矯正・動きの改善の経験あり。現在は、愛媛県松山市で唯一のピラティス&整体を組み合わせたオーダーメイドの施術・運動指導を行っている。
詳しいプロフィールはこちら

 

膝から足にかける悩みとして…

  • スネが傾いている
  • スネが捻じれている
  • 膝が痛い
  • 足首が硬い
  • 足の指が硬い
  • 足が痛い
  • 指が変形している

 

などなど…

 

脚に関する悩みは非常に多いです。

この悩みに共通していることが…

 

「脚の外側ラインを過剰に使用していること」

 

脚の外側を使い過ぎているというのも、しっかり筋肉が収縮をして使えているのとはまた違って、伸ばされたまま固まっているというのがもっとも近い表現かと思います。

 

そんな、脚の悩みの解消に繋がる内容を解説していきます。

 

 

腓骨筋を鍛える理由について

腓骨筋という筋肉がスネの外側に付いているわけですが…

この筋肉の働きが非常に重要な役割をします。

 

腓骨筋の役割としては…

スネの外側からのストッパー作用」

 

スネの骨を内側に戻す働きということですね。

 

スネが捻じれたり、傾いたりしないように、外側からストッパーのように防止してくれる役割があります。

 

腓骨筋トレーニング(2ステップ)

※腓骨筋の鍛える順序など動画で解説をしてます。

 

動画を見て、腓骨筋のトレーニングを実践してみて下さい。

 

 

座った状態で行うエクササイズのコツとしては…

  1. 足首を外にしっかり捻ること
  2. 親指で地面をしっかり押すこと

 

この2つのポイントが大切になってきます。

 

ステップの2つ目。

つま先立ちをするエクササイズにおいては…

 

ほとんどの人は…

足の外側にもたれ掛かるような足の使い方をしてしまって、ストッパーとして腓骨筋を使えてないです。

 

意識するポイントとしては…

足の親指側を意識しながら足首を動かすことになるのでポイントを押さえた状態でエクササイズに取り組んでみて下さい。

 

 

The following two tabs change content below.
愛媛県松山市でカラダの専門家として活動。国家資格として理学療法士免許を保有し、ピラティスインストラクターとして運動指導の資格も保有。 痛みの改善・姿勢矯正・ボディメイクを中心としたピラティス&整体サロン(PHYSIO松山)を行っている。慢性痛(痛み)・関節痛・ボディメイク・スポーツ障害・姿勢矯正・動きの改善の経験あり。現在は、愛媛県松山市で唯一のピラティス&整体を組み合わせたオーダーメイドの施術・運動指導を行っている。
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛県松山市でカラダの専門家として活動。国家資格として理学療法士免許を保有し、ピラティスインストラクターとして運動指導の資格も保有。 痛みの改善・姿勢矯正・ボディメイクを中心としたピラティス&整体サロン(PHYSIO松山)を行っている。慢性痛(痛み)・関節痛・ボディメイク・スポーツ障害・姿勢矯正・動きの改善の経験あり。現在は、愛媛県松山市で唯一のピラティス&整体を組み合わせたオーダーメイドの施術・運動指導を行っている。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© PHYSIO松山 , 2020 All Rights Reserved.