〜愛媛県松山市の膝痛・肩痛・姿勢矯正などに特化したピラティス整体〜

ボディメイク大学【YouTube】

【愛媛松山市・ピラティス整体】【変形性膝関節症の膝痛ケア】膝痛や変形の1番の原因部位とセルフケア方法!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛県松山市でカラダの専門家として活動。国家資格として理学療法士免許を保有し、ピラティスインストラクターとして運動指導の資格も保有。 膝痛・肩痛・姿勢矯正・ボディメイクを中心としたピラティス&整体サロン(ボディメンテナンス)を行っている。慢性疾患・関節疾患・痛み・スポーツ障害・姿勢・動きの改善の経験あり。現在は、愛媛県松山市でPHYSIO松山(フィジオ松山)にてピラティス&整体を組み合わせたオーダーメイドの施術・運動指導を行っている。
詳しいプロフィールはこちら

 

変形性膝関節症で悩んでいる方や…

膝のねじれや変形がある方に必見の記事です。

 

変形性膝関節症でもっとも多い症状としては…

  1. 痛み
  2. 関節の可動域制限

 

膝が痛くて、関節が曲がりにくい・伸びにくいって状態になっていることが多いってこと。

 

この変形性膝関節症に多い痛みや可動域制限の原因になりやすい部分を紹介して、しっかりセルフケアをする方法を解説をしていくのでしっかり見て自分の膝の予防や痛みを改善させることにも活用してみて下さい。

変形性膝関節症のセルフケア動画

※詳細は動画でセルフケア方法も紹介しているのでご覧下さい。

 

動画では3つのポイントを紹介しています。

他にも大切にしたいポイントはありますが、まずはこの3つを意識してセルフケアを行うことで痛みも和らぐ方が非常に多いので毎日継続して行ってみて欲しいです。

 

膝の脂肪組織をマッサージする

緑の線で囲んでいる部分が今回マッサージをしっかりして欲しい部分。

 

膝蓋下脂肪体(膝の脂肪組織)と言いますが、難しい名前は覚えなくてもいいので、この部分にある脂肪組織が痛みの原因になりやすいということを知っておいて下さい。

 

特に…

この膝の前側の部分が硬くなると、膝自体がだんだんと伸びなくなるので、膝関節の変形も進行しやすい状態になってしまいます。

 

そのため、

この部分は痛みのケアという部分でももちろんですが、膝関節が変形しないようにするためにもしっかりマッサージをしてケアしていくべきポイントになります。

 

膝裏をしっかりマッサージ・ストレッチ

 

膝の裏側の筋肉をしっかりストレッチやマッサージをしましょう。

 

膝の裏にはハムストリングスという筋肉があります。

ハムストリングスが固くなることで、膝が余計に変化したりゆがみやすい状態になります。

 

膝の前側の痛みに関しても、膝の裏の筋肉が伸びないことが原因になっているケースも多いので、毎日ハムストリングスのストレッチは合わせて行ったほうが良いです。

 

この動画を参考にしてストレッチしてあげて下さい。

 

膝のお皿をしっかり動かしてあげる

膝のお皿の骨も…

膝にとっては1つの関節なんです。

 

そのため…

膝のお皿の動きが悪いと、余計に膝周りの筋肉や脂肪が固まってしまって動きにくかったり、痛みを出したりする原因になりやすくなってしまうわけです。

 

お皿は全方向に対して、しっかり動くようにマッサージや骨をしっかり動かしてあげることが大切になってくるので動きにくい方向がないようにしっかりとケアをしてあげて下さい。

 

実際に動画をみてセルフケアをしてみて下さい。

 

 

The following two tabs change content below.
愛媛県松山市でカラダの専門家として活動。国家資格として理学療法士免許を保有し、ピラティスインストラクターとして運動指導の資格も保有。 膝痛・肩痛・姿勢矯正・ボディメイクを中心としたピラティス&整体サロン(ボディメンテナンス)を行っている。慢性疾患・関節疾患・痛み・スポーツ障害・姿勢・動きの改善の経験あり。現在は、愛媛県松山市でPHYSIO松山(フィジオ松山)にてピラティス&整体を組み合わせたオーダーメイドの施術・運動指導を行っている。
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛県松山市でカラダの専門家として活動。国家資格として理学療法士免許を保有し、ピラティスインストラクターとして運動指導の資格も保有。 膝痛・肩痛・姿勢矯正・ボディメイクを中心としたピラティス&整体サロン(ボディメンテナンス)を行っている。慢性疾患・関節疾患・痛み・スポーツ障害・姿勢・動きの改善の経験あり。現在は、愛媛県松山市でPHYSIO松山(フィジオ松山)にてピラティス&整体を組み合わせたオーダーメイドの施術・運動指導を行っている。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© PHYSIO松山 , 2020 All Rights Reserved.