〜愛媛県松山市の膝痛・肩痛・姿勢矯正などに特化したピラティス整体〜

ボディメイク大学【YouTube】

【愛媛松山市・ピラティス整体】五十肩・肩関節周囲炎に対する痛みと可動域制限の施術について。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛県松山市でカラダの専門家として活動。国家資格として理学療法士免許を保有し、ピラティスインストラクターとして運動指導の資格も保有。 膝痛・肩痛・姿勢矯正・ボディメイクを中心としたピラティス&整体サロン(ボディメンテナンス)を行っている。慢性疾患・関節疾患・痛み・スポーツ障害・姿勢・動きの改善の経験あり。現在は、愛媛県松山市でPHYSIO松山(フィジオ松山)にてピラティス&整体を組み合わせたオーダーメイドの施術・運動指導を行っている。
詳しいプロフィールはこちら

 

愛媛松山市で、痛み・スポーツ障害・姿勢・動作の改善スタジオ。

 

Conditioning Studio 愛媛 代表の薬師寺です。

 

 

今回は、実際のクライアントさんの施術による改善報告。

自分自身も現場で多くの患者さんを診ていて思いますが、肩関節の痛みや可動域制限があることで、日常生活に支障を来している方が多くいる様に感じます。

 

五十肩だからといって、そのうち治るだろうと放置している人もいますが、

放置していると肩が本来の可動域まで動かないことも多くあり、長く痛みと付き合っている方も多くいます。

 

五十肩・肩関節周囲炎とは?

 

まずは、簡単にですが…

五十肩・肩関節周囲炎について説明します。

 

まず、肩関節周囲炎・五十肩にどういった症状が出るかといえば、

  1. 痛み
  2. 可動域制限

 

この2つが圧倒的に多いです。

 

そして、痛みと関節の可動域が制限されることが一般的な症状になりますが、

五十肩・肩関節周囲炎というのは便利な診断名であって、肩関節の特定の部位ではなく肩関節全体的に出ている症状やレントゲン上には明確に画像所見として映らない症状をまとめて五十肩・肩関節周囲炎と診断されることが多いです。

 

五十肩・肩関節周囲炎といっても、

  • 烏口突起炎
  • 上腕二頭筋腱鞘炎
  • 肩峰下滑液包炎
  • 変性性腱板炎
  • 石灰沈着性腱板炎
  • 臼蓋上腕靱帯障害
  • 肩関節拘縮

 

この様な上記の様な部位に問題がある場合をまとめて肩関節周囲炎・五十肩。

と診断をします。

 

そのため、

みんながみんな原因が同じではなく、人それぞれ問題がある部位は異なっているということを理解してもらえればと思います。

 

そして、、

急性期、亜急性期、慢性期という様に回復の過程を経て肩関節の痛みや可動域制限が改善していくため、自分自身の肩の痛みがどの時期にあるかを把握しておく必要があり、その時期によって対応の仕方が異なります。

 

  • 急性期→10〜36週
  • 亜急性期→4〜12ヶ月
  • 慢性期→5〜26ヶ月

 

例えば…

急性期と慢性期では全く治療方法が異なり、、

急性期の1番は炎症反応を抑えることなので、目的としては除痛になります。

ステロイド系の注射を併用しながら除痛を図っていきます。

この時期にリハビリテーションなどで他動的に動かし過ぎてしまうと返って恐怖心なども生まれてしまい回復の過程が遅れることも考えられます。

 

逆に、慢性期の場合は、、

多少痛みが残存しているケースでも注射などに頼るよりも、積極的にリハビリテーションなどによって積極的に肩関節の可動域訓練などを行い肩関節の拘縮予防や可動域制限の改善を行っていく必要があります。

 

この様に、、

肩関節周囲炎・五十肩でも時期によって治療方法が異なることも理解できたかと思います。

 

 

関節可動域制限・痛みの改善のための治療方法

 

肩関節の痛みと関節可動域制限に対して、

亜炎症期から徐々に開始し、慢性期では積極的に関節可動域訓練を行ってきます。

 

関節可動域を改善するための方法として、

  1. 運動療法
  2. 関節内注射
  3. マニピレーション
  4. 関節鏡下受動術

 

この様な関節可動域を改善させる方法があります。

 

マニピレーションと関節鏡下受動術に関しては、外科的な治療方法になります。

多くは、保存療法となることが多いです。

 

五十肩のクライアントさんの施術

上記の動画が、施術前の動画です。

 

五十肩で痛みと可動域制限がある方。

期間的には亜急性期の方です。

 

五十肩の施術の流れは以下の通り

 

  1. 問診によって肩が痛くなるまでの時系列を聞く
  2. どんな場面やどんな動きで痛いかを聞く
  3. どんな動きが動きにくいかを確認
  4. 肩関節が痛い・動かない原因を調べる
  5. 肩が動かない・痛みを出している原因に施術

 

この様な流れで施術を行ってきました。

 

痛いところをマッサージしていても絶対に良くならないわけであって、原因を特定する作業に最も時間を掛けながら施術を行っていきます。

 

肩が動かない原因と痛みを出している原因を特定してアプローチをしました。

 

2回施術後の動画が以下の状態です↓↓

 

まだ動きに違和感がありますが、施術前と比較すれば可動域も増して、痛みも和らぎました。

 

肩関節周囲炎も人によって回復過程も異なり、1発で良くなるといったものではないですが、原因を探してその部位に対してアプローチをしていけば治療期間も短く改善するケースが多いです。

 

ご予約・お問い合わせ

 

ご予約

 

お問い合わせ

 

The following two tabs change content below.
愛媛県松山市でカラダの専門家として活動。国家資格として理学療法士免許を保有し、ピラティスインストラクターとして運動指導の資格も保有。 膝痛・肩痛・姿勢矯正・ボディメイクを中心としたピラティス&整体サロン(ボディメンテナンス)を行っている。慢性疾患・関節疾患・痛み・スポーツ障害・姿勢・動きの改善の経験あり。現在は、愛媛県松山市でPHYSIO松山(フィジオ松山)にてピラティス&整体を組み合わせたオーダーメイドの施術・運動指導を行っている。
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛県松山市でカラダの専門家として活動。国家資格として理学療法士免許を保有し、ピラティスインストラクターとして運動指導の資格も保有。 膝痛・肩痛・姿勢矯正・ボディメイクを中心としたピラティス&整体サロン(ボディメンテナンス)を行っている。慢性疾患・関節疾患・痛み・スポーツ障害・姿勢・動きの改善の経験あり。現在は、愛媛県松山市でPHYSIO松山(フィジオ松山)にてピラティス&整体を組み合わせたオーダーメイドの施術・運動指導を行っている。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© PHYSIO松山 , 2019 All Rights Reserved.