ご予約はこちらからお願いします!

肩痛・膝痛・姿勢・動き改善の専門 愛媛県松山市のピラティス整体

【愛媛No.1】YouTubeチャンネル

スタッフ

【代表】 薬師寺 偲

 

薬師寺 偲(やくしじ  しのぶ)

 

【取得資格】

・理学療法士(国家資格)
・PHIピラティス認定インストラクター

 

 

経歴について

 

幼少期〜高校まで野球一筋。
高校野球では、在学中に甲子園にも出場。

 

しかし、野球人生の中でも肩や腰の痛みなど多くの怪我によって、思うようにプレーできない時期も経験する。

その時期に、医療機関に受診することで、理学療法士という職業に出会う。

 

元々、身体関係の仕事をしたいという思いがあったため、高校卒業後、理学療法士の資格取得を志す。

 

理学療法士の免許を取得後、

愛媛県松山市内の病院やクリニックで勤務しながら、スポーツトレーナーやピラティスインストラクターとしての活動も行いながら経験を積む。整形外科疾患・スポーツ障害を中心として多くの高齢者〜プロアスリートまで幅広い方の施術や運動指導を行いなう。

 

そして、愛媛県内を中心として同業者向けへの技術系のセミナー講師、企業様向けの健康セミナー、アスリートに向けた身体に関するピラティス・運動指導のセミナー開催なども行なっている。

 

2020年から、YouTubeチャンネルを開設。

県内ではトップクラスのYouTubeチャンネルにまで成長する。毎月20万回以上の再生数。

 

 

 

全国の方ともオンラインセッションという形でトレーニング指導やセフルケア指導を行っている。

 

 

医療機関での治療期間の期限切れや、医療機関に行っても湿布や電気を当てるだけ、その場しのぎの注射、リハビリテーションを行う時間も数十分であり、どこに行ってもまともな治療をしてもらえないという声を多くの方から聞く。

 

自分自身も医療機関で働いている中で…

  • 原因を見つけるための施術時間の確保が難しい点
  • その場しのぎの治療内容になっている点
  • 本当に施術が必要な人に当てる時間が短い点
  • 保険診療では目的がそれぞれで対応しにくい点

 

病院やクリニックには、本当に良くなりたいと思っている人もいれば、あってはならない話ですが、マッサージ感覚で来院している人も非常に多いのが現実です。

 

カラダの悩みや、目的が人によって様々。

本当に身体の悩みがある方に使える時間も限られている。

 

そして、「人間は自分の体を動かすのは自分自身」のため、施術やマッサージだけでは根本的な解決になってないことに病院やクリニックで勤務する中で感じる。

 

ピラティスなどトレーニングを施術と合わせて行うことで、長期的に症状が改善するケースが多く、自分自身の体でもピラティスやトレーニングを継続して行うことで体の調子が良くなることを実感する。

 

ピラティスで有名な言葉に、「10回で気分が変わり、20回で変化を感じ、30回で体の全てが変わる」という言葉があります。

 

実際に個人差はあり、1回で劇的に効果を感じる方から数回で効果を実感される方もいますが、結論は「運動で体は変わる」ということ。

 

そういう経験からPHYSIO松山では、「ピラティス整体」という形でピラティスとコンディショニングが合わせて受けられる愛媛で唯一のサロンになっています。

 

実績について

 

  • 手術後〜慢性期までの症例を病院で経験あり
  • 痛み専門外来クリニックの勤務歴あり
  • 整形外科疾患・スポーツ障害を中心にリハビリ経験あり
  • 一般向けのセミナー講師
  • 医療従事者向けの技術セミナー講師
  • スポーツ選手への運動指導講師
  • 少年野球チームへのトレーニング指導歴
  • 高校野球トレーナー経験あり
  • プロサッカー選手(Jリーガー)の施術経験
  • PHIピラティスインストラクターの資格保有
  • 理学療法士の国家資格保有
  • 医療業界で日本一の規模のWebマガジンの執筆
  • 医療従事者向けのブログ運営(愛媛リハビリ道場)
  • YouTube毎月20万回以上再生
  • SNSフォロワー数(西日本第1位)

 

今まで担当してきた症例

 

  • 頚椎ヘルニア
  • 頚椎症
  • 胸郭出口症候群
  • 肩関節周囲炎
  • 腱板損傷
  • 野球肩・投球障害肩
  • 野球肘
  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 腰椎すべり症
  • 脊椎分離症
  • 腰痛
  • 坐骨神経痛
  • 仙腸関節障害
  • 変形性股関節症
  • 大腿骨骨折(術後)
  • グロインペイン症候群
  • 変形性膝関節症
  • 膝蓋靭帯炎・オスグッドシュラッター病
  • 前十字靭帯損傷
  • 半月板損傷
  • ランナーズニー・腸脛靭帯炎
  • 鵞足炎
  • シンスプリント
  • 足関節捻挫
  • 有痛性外脛骨
  • アキレス腱炎
  • 足底腱膜炎
  • 外反母趾
  • 扁平足

 

など…

 

理学療法士として、多くの症例を経験して来たので、経験を活かしたサポートが可能です。

 

理学療法士がカラダを診る強み

 

他の医療職種ではなく、理学療法士ならではの強みは…

姿勢分析・動作分析が行えることです。

 

人間は生活をする時にも、必ず動く必要があります。

そのため、動きの癖や姿勢の特徴から、痛みなど身体の症状の原因を探すことが出来ます。

 

その他にも…

  • 解剖学・運動学・生理学の体の知識がある
  • 科学的根拠がある対応が可能
  • リスク管理が出来る
  • 適切な運動指導が出来る
  • 適切なセルフケアの指導が出来る
  • 動きや姿勢の分析が出来る
  • 西洋医学的視点での評価ができる
  • 原因の予測・予後の予測が出来る

 

現在の症状がある原因を探り、その症状があれば今後どのようになっていくかの予後なども予測を立てることが出来ます。

 

人間のカラダの構造の基本である

「解剖学」「運動学」「生理学」に基づいた施術や運動・トレーニングを行いますので、「バキバキ」「ボキボキ」するような施術は一切いたしませんので安心して施術や運動を行うことが出来ます。

 

The following two tabs change content below.
愛媛県松山市でカラダの専門家として活動。国家資格として理学療法士免許を保有し、ピラティスインストラクターとして運動指導の資格も保有。 痛みの改善・姿勢矯正・ボディメイクを中心としたピラティス&整体サロン(PHYSIO松山)を行っている。慢性痛(痛み)・関節痛・ボディメイク・スポーツ障害・姿勢矯正・動きの改善の経験あり。現在は、愛媛県松山市で唯一のピラティス&整体を組み合わせたオーダーメイドの施術・運動指導を行っている。

Copyright© PHYSIO松山 , 2019 All Rights Reserved.